九州ではグラバー園はツアーでは外せません

日本において、古民家などが人気があると言われています。京都においても、すまれなくなった古民家を貸し出すようなビジネスがあるようです。若い人などがカフェを運営したり、シェアをして生活をしたりしているとのことです。日本の古い建物も歴史を感じることができますが、洋風の建物にも感じることがあります。明治時代などには、多くの外国人の技術者などが日本に住んだことがあるそうです。居留地として開放されたこともあります。

そういったところにはまだ当時の建物であったり、当時を偲ぶものがあったりするそうです。全国的に見ると、それほど多くありませんから、近くに行ったときは立ち寄りたいです。九州に旅行に行くことがあると思います。長崎の方に周るツアーであれば、外せない名所があります。そちらは、日本で最も古い木造の洋館があるとして知られています。行ってみると、古くは見えますが、きちんと管理されているからか、きれいな状態になっています。

イギリスの貿易商が建てた屋敷と公園になるそうです。こちらは建物と公園も見どころになるのですが、その他にもあります。場所が長崎市内の高台にあるのです。ですから、長崎市内を見ることができるようになっています。長崎といいますと坂の多い街としても知られますが、その様子がわかるかもしれません。ここまで来るのに少し疲れても、風景を見ることでほっとすることができます。休憩をする場所としても最適だと思います。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017九州に行くツアーなら鉄道を活用しよう.All rights reserved.