九州に訪れるツアーではペンギンが見られる所

日本にはいない動物に関しては、海外からわざわざ連れてくることになります。今人気なのはパンダであったりコアラなどになるのでしょうが、ライオンや虎もいませんでした。象やキリンなどどこの動物園にいるような動物も日本にはもともといなかった動物なのです。ですから珍しい動物の一つになるのです。日本は世界の中で見るとそれほど厳しい自然環境ではないかもしれません。四季があって、氷で覆われたり、砂漠等があるわけではないです。

過酷な環境で住んでいる動物としては、ペンギンがいます。主に南極などに住んでいると言われています。地球上においては、現在は18種類のペンギンがいるそうです。どれも同じように見えますが、微妙に異なります。ペンギンに関しては、動物園にいる場合もあれば、水族館にいる場合もあります。鳥の仲間でありながら、水の中などで生活することが多いからです。ヨチヨチと歩く姿は非常に可愛らしく、どこでも人気者になっています。

このペンギンがたくさん見られるところとして、九州のペンギン水族館があります。ツアーで行ってみましょう。こちらの特徴は多くの種類のペンギンを見ることができることです。世界に18種類いる中で、8種類もこちらで飼育されています。全ての頭数だと140頭ほどいるとのことです。大きな水槽においては、ペンギンが優雅に泳ぐ姿を見たりすることができます。いくつかの自然ゾーンに分かれているので、それぞれのシーンでのペンギンの様子を見ることができます。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017九州に行くツアーなら鉄道を活用しよう.All rights reserved.