九州に青い色の地獄があるのでツアーでよる

人は天国や地獄に行くと言われています。言われているだけで、実際に行った人から聞いたわけではありません。ですから想像の世界になります。天国のイメージは、雲の上など白いイメージがあります。優雅に暮らしているイメージです。地獄に関しては火の色のイメージです。まっかの池などがあって、その周りで働かされているのです。昔の人が書いた地獄絵などにもその様子が書かれていました。あくまでも想像の世界なので、実際はもっと違うかもしれません。

地獄といいますともう一つのイメージに熱湯のところがあります。人はお風呂には入りますが、熱湯だとやけどをしてしまいます。そういったところには入りたくないことからそう呼ばれるのかもしれません。でも全国には、熱湯が湧き出ている所がたくさんあります。それは温泉地です。温泉は冷泉と呼ばれる冷たいものもあれば、100度近い高温のものもあります。九州といいますと温泉がたくさんありますから、地獄と呼ばれているところもあります。

ツアーで行ってみたいところとしては、青い色をした地獄です。イメージとしては赤のはずですから、少し変な気持ちになるかもしれません。こちらは名所としては、海地獄と呼ばれています。実際に見てみると、非常にきれいな青色をしています。湯気が出ていなければ飛び込んでしまいそうなくらいきれいです。こちらは温泉街にありますから、こちらの見学をした後は温泉を楽しむことができます。ゆっくりと疲れをとることができます。
Copyright (C)2017九州に行くツアーなら鉄道を活用しよう.All rights reserved.